先生用ページはこちらから

※一貫模試を塾でまとめてお申し込みいただくための
『学習塾の先生専用』ページです。


公立中高一貫校対策 一貫模試

お知らせ

  • 2019/05/16
    2019年度のお申込受付を開始いたしました!
    ※今年度より、塾の先生向のお申込ページ(塾内実施,会場受験)を公開しております。ご活用下さい!
  • 2019/02/04
    塾様対象のプレオープン(全国版一貫模試)のお申込が始まっております!
    受験希望の方は最寄り塾様までお問い合わせ下さい!
  • 2018/11/30
    今年度の【公立中高一貫校対策 一貫模試 公開会場試験】は、全ての日程を終了いたしました。
    ご参加頂いた皆さんが、来春希望通りの進路へと進まれますことを、心よりお祈り申し上げます。
    ありがとうございました!
  • 2018/11/26
    11月25日(日)広島・東広島会場での一貫模試へのご参加ありがとうございました!
    両会場とも事故等なく、無事終了いたしました。
    成績表は12月13日(木)以降にお届け予定です。
  • 2018/11/19
    11月18日(日)福山会場での一貫模試へのご参加ありがとうございました!
    事故等なく、無事終了いたしました。
    成績表は12月6日(木)以降にお届け予定です。
  • 2018/10/29
    10月28日(日)東広島会場での一貫模試へのご参加ありがとうございました!
    2018年度第2回、無事終了いたしました。
    成績表は11月15日(木)以降にお届け予定です。
  • 2018/09/10
    9月9日(日)広島・東広島会場での一貫模試へのご参加ありがとうございました!
    2018年度第1回、無事終了いたしました。
    成績表は9月27日(木)以降にお届け予定です。
  • 2018/08/21
    9月9日(日)実施分の受験票の発送を開始しました!
  • 2018/05/18
    2018年度 第1回【9月9日(日)】のお申込受付を開始いたしました!
    会場は【比治山大学】と【広島大学】の2箇所です。
    皆さまのご参加をお待ちしております!
  • 2017/12/11
    今年度の一貫模試全ての日程を終了しました!
    次年度も今年同様に会場試験を実施予定です。
    日程のお知らせまで今しばらくお待ちください。
    ご参加ありがとうございました!
  • 2017/12/07
    当日の会場ですが、東広島のため、かなりの寒さが予想されます。暖房は入りますが、防寒具やカイロ・暖かい飲み物等で、寒さ対策をよろしくお願いいたします。
  • 2017/12/06
    受験票の発送を終了いたしました!
    ※本日迄にお申込頂いた全ての受験生様の受験票を郵送にて発送いたしております
  • 2017/11/21
    受験票の発送を開始しました!
  • 2017/09/26
    12月10日(日)公開模試のお申込みを開始しました!
    皆さまのご参加をお待ちしております!!
  • 2017/09/25
    9月10日(日)会場実施分の成績表の発送を開始しました!
    ※来週末を過ぎても届かない場合はご連絡下さい。
    ※塾申込の場合は塾に届きます。
  • 2017/09/12
    11月19日(日)公開模試のお申込みを開始しました!
    ※福山会場は福山市立中対策模試となり、他2会場とは内容が異なりますのでご注意ください。
  • 2017/09/11
    9/10(日)の公開会場試験を終了しました!
    たくさんのご参加ありがとうございました!
  • 2017/09/08
    9/10(日)試験の申込みを終了しました。
    次回は11月19日(日)に実施予定です。
  • 2017/08/23
    受験票の発送を開始しました!
    ※日曜日までにお申込をいただいた全ての皆さんの受験票を発送しております。
  • 2017/08/21
    お申込みフォームのメンテナンスを行いました。
    ※スマートフォンからのお申込時に送信エラーが発生しておりました。御迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。
  • 2017/08/07
    8/6付中国新聞に広告を掲載しました!
  • 2017/08/04
    HPをリニューアルしました!

個人受験申込み受付け中

※会場、実施日、申込み締切日等詳細は

『日程・会場・料金』をご覧ください。

お申し込みはこちらから
 
適性検査には練習が必要
 

適性検査には
練習が必要。

当たり前の話ですが、適性検査を受検する子どもたちは、「①問題を読む」→「②何を答えれば良いかを理解する」→ 「③解答(文章)を考える」という段階を経て、解答用紙に答えを書いていきます。

広島県内で最も志願者数の多い県立広島中学校の適性検査の問題をご覧になったことがありますか。 適性検査Ⅰでは大問6題を50分、適性検査Ⅱでは大問3題を45分で解くことになります。 仮に「①問題を読む」ことに10分かかるとすると、解答用紙に答えを書く時間を除くと、解答を考える時間は残り30分もありません。 限られた時間をどのように使って、解答用紙に答えを書くのか。

小学校での勉強やテストだけでは対策できないのが、適性検査です。

 
記述力を高める正しい添削
 

記述力を高める
正しい添削。

公立中高一貫校の適性検査では、「資料や文章を読み、テーマに沿って、自分の意見や考えを整理し、読み手に伝わる文章を書く」ことが求められます。 どんなにすばらしい発想や考えであっても、読み手に正しく伝えることができなければ、合格することは難しいでしょう。

一貫模試では、実施初年度から受験者全員の記述解答や作文をていねいに添削しています。 お子様の書いた記述解答や文章が客観的に評価される絶好の機会となります。 記述力アップのためには、お子様の「クセ」に合った適切なアドバイスが必要です。

 
首都圏に続いて広島県版がスタート
 

首都圏に続いて
広島県版がスタート。

広島県内の公立中高一貫校は人気が高く、2019年度は特に広島叡智学園中学校に於いては県内外から375名もの出願があり、志願倍率は実に9倍を超えました。 また、県立広島中学校・広島中等教育学校・市立福山中学校も志願倍率が4倍を超えており、非常に多くの子どもたちが入学者選抜にチャレンジしています。

そこで、公立中高一貫校の受検者数が多い首都圏に次いで、広島県内の公立中高一貫校に的を絞った広島県版の実施を2017年度より開始しました。

全国に先駆けて実施した一貫模試は、テーマが絞りにくいとされる適性検査で数多くの入試問題を的中させてきました。 その実績と経験が広島県版にも活かされています。

 
広島県内の多くの学習塾が実施
 

広島県内の
多くの学習塾が実施。

公立中高一貫校は全国で180校を超えており、いまやほとんどの都道府県の学習塾様にて適性検査対策を実施されています。 そうしたなかで、他社に先駆けてスタートした『一貫模試』は、多くの協賛塾様のご意見や蓄積したデータをもとに、 内容・設問面の充実を図ってきました。 特に細かな答案添削には力を入れており、広島だけでなく、全国各地の学習塾様からご好評をいただいております。

公開会場試験は、これまでそれぞれの塾内で実施されてきた「一貫模試」を、より大きな会場で一斉に受験することで、 実入試に似た状況で受けられるようにしたものです。 また、公開会場試験であれば、現在塾に通われていないお子様もご参加いただけます。

一部の学習塾様では、塾に通われていないお子様も塾内で実施する「一貫模試」にご参加いただけます。 塾生以外の受け入れ、試験の日程等は各学習塾様によって異なりますので、『実施塾一覧』をご覧の上、直接お問い合わせください。

一貫模試について

きめ細やかな採点と添削指導。

Point.1

今の到達度と
これからの課題がわかる。

試験結果は1問ごとに、自分の得点と受験者全体の平均点・順位を並べて表示。 そのため、「平均点が高い問題で、得点を取れていない」といった今後の学習課題を発見できます。

Point.2

何が得意で、何が苦手か
確認できる。

適性検査は学校で習う知識だけではなく、思考力や表現力といった学力よりも能力が求められます。 領域別に自分の得意不得意を把握することが志望校合格への近道です。

Point.3

バツグンの入試的中率。

テーマが絞りにくいと言われる適性検査。 一貫模試は全国に先駆けて実施をはじめ、今年で12年目。 長年にわたる入試分析により、数多くの入試問題を的中させてきました。 また、その実績と経験がきめ細かい添削、的確なアドバイスに活かされています。

Point.4

合格に向けた
現時点での可能性を知る。

志望校別の成績表示により、志望校内での順位が出ます。 同じ志望校を目指すライバル達の中で、自分の現在地を知ることで今後の学習計画につながります。

Point.5

適性検査対策用の
問題を作成。

公立中高一貫校の適性検査では、問題文や図表から読み取る思考力や自分の意見を伝える為の表現力が問われます。

一貫模試は、公立中高一貫校の適性検査対策用に作成されており、適性検査Ⅰでは「算数」「理科」「社会」的な問題を、 適性検査Ⅱでは「記述力」「作文力」を中心とした問題を出題します。

受検生の志望校合格可能性診断にご活用ください。

全国一貫模試
適性検査Ⅰ(45分)

適性検査1

「算数」「理科」「社会」的な問題。
(問題文10ページ程度)

全国一貫模試
適性検査Ⅱ(45分)

適性検査2

「記述力」「作文力」を中心とした問題。
(問題文6ページ程度)

県立広島中学校・
広島中等教育学校対策に
広島県版を作成

県立広島中学校・広島中等教育学校対策に
広島県版を作成

一口に「適性検査」といっても、全国の公立中高一貫校で同じ検査を行うわけではありません。 中学受験が最も盛んな首都圏では、当然のように首都圏に特化した適性検査対策が実施されています。

「適性検査」が地域によって異なること。これは広島県も例外ではありません。 一貫模試では、全国的にも公立中高一貫校のモデル校として注目されている「県立広島中学校」 の適性検査を中心に問題分析を行い、独自の公立中高一貫校対策「広島県版 一貫模試」を実施します。

全国共通で求められる力と広島県が独自に重視する力の両方をはかるテストとして、ご活用いただけます。

一貫模試 広島県版
適性検査Ⅰ(50分)

適性検査1

「算数」「理科」「社会」的な問題。
(問題文6ページ程度)

一貫模試 広島県版
適性検査Ⅱ(45分)

適性検査2

「記述力」「作文力」を中心とした問題。
(問題文2ページ程度)

Point.6

添削した解答用紙と
個人成績表を返却。

テスト実施日の2週間後~3週間後までに、お子様の解答用紙・個人成績表をお届けする予定です。

【全国一貫模試 個人成績表】

成績表

【一貫模試 広島県版 個人成績表】

成績表
Facebook

Facebookにて最新情報を発信中。